北九州・魚部とは

「魚部」と書いて「ぎょぶ」と読みます。
元々は高校の部活動だったのでこのような名前になりました。

よく、魚屋さんに間違われますが、「NPO法人北九州・魚部」は身近な自然や小さな生き物と出会える活動を行います。実際に身近な自然の様子を感じ、小さな生き物のことを知り、学び、考えることをから出発します。そして社会のより多くの人々にそれらを伝え、ときには守っていくことを目的としています。

魚部の使命

自然の楽しさ・おもしろさ・不思議さを全国の人々と分かち合い、同時に生物多様性の保全やSDGs推進などの社会的課題に取り組んでいきます。

子どもであれ、大人であれ、生き物や自然に関心がある者たちが「集い」「自由に語らい」「共に活動する」ことができる場というのは、現実社会ではあまり多くはないと思います。また、貴重な自然環境や生き物には、偶然かかわった関心のある人が「気づいた者が行動せねば」という、いわば使命感的なモチベーションのもと保全・保護された事例が少なくなさそうです。その一方で誰にも気づかれず消えていった自然財産というのは数えきれないでしょう。


少しずつでも現状をより向上させていきたい。そのために私たちには何ができるでしょうか。おそらくさまざまなアプローチがあると思われる中で、魚部は次のように考えます。
気づかないのは興味がまったく無いというより、ふだんの生活の中で身近な自然や生き物との距離や隔たりが大きくなり、接し方がわからなくなっているからではないのか。接していけばいろいろな「気づき」の虜になり、もともとの興味が勝手にどんどん膨らんでいくはず。自然や生き物は想定内などではなく、人間の単純な予想や思惑など軽々と飛び越えたものを与えてくれます。そんな奥深さの一端に触れたときの、言葉に表しがたい喜びの感覚は他に類がありません。一方で接していくほどに、ときに経験がもたらす直感により予想や想定が当たることもあります。そのワクワクやドキドキも自然や生き物に接することならではの賜物だと思います。

そこで魚部は、『自然に興味はあるが接し方がわからない』という人々に身近な自然や生きものに出会うことに関するさまざま事業に取り組みます。その出会いの楽しさやおもしろさ、不思議さを感じてもらうことを通じて、いろんなことに気づく“自然を観る感性”を社会に広めていきます。そうすることで、じわじわと、しかし着実に私たちの「自然観」が磨かれ、生物多様性の保全やSDGsが達成される社会の実現に向かうのではないかと考えます。

NPO法人北九州・魚部では自然や生き物だけなく、人々の多様性の豊かさも大切に考えます。自然や生き物に関心があるという緩やかな関係性のもとに集う人々を結びつけ、集まった情報をコーディネートし、人と自然のかかわりを実感する社会の実現を大きな目的とし、現代的な自然と人のかかわり方を追究します。

魚部の歩み

3回誕生した魚部の活動の足跡

■1回目:高校の部活動としての魚部(1998年度~)

  1998年4月、6月の文化祭を盛り上げるため、当時2年生で「帰宅部」の生徒を中心に集まり、当時部員がゼロだった「理科部」に仮入部する形で活動をはじめました。自分たちで実際に高校近くの紫川に入り何がいるのかを調べながら、文化祭で「紫川の魚展」という生体展示を実施。予想外の評判に気をよくした彼らはその後も理科部に残りました。部員が最後にいたころの理科部が残したものを見ると、化学的な実験などをしていたようです。対して自分たちは川に入って魚採りをしている。「俺たちは魚を捕まえてるから、魚部だ!」

 ここから魚部というそれまではこの世に存在しなかった言葉が生まれ、今や全国30数都道府県に約300名の「魚部員」がいる活動がはじまりました。

■2回目:任意団体「だれでも参加できる魚部」(2014年1月~)

 いろいろな事情で魚部の将来的な存続があやういかもしれない。そんな危惧があった中で、「魚部はこの街の名物だ」というある方の言葉から「だれでも参加できる魚部」の構想がうまれました。高校部活動の魚部のOBやOG、さらに活動に縁のあった外部の専門家や愛好家などが集い、自然や生き物が大好きな者たちがつながる場をつくったのです。いわば「街のブカツ」、「市民のブカツ」としての魚部のはじまり。(株)三宅モータースのご厚意で2階の一室をお借りして「魚部基地」と名付けた拠点にしました。その場所で2014年1月10日、約35名の人々が集い、魚部が任意団体として2回目の誕生となりました。

■3回目:NPO法人化(2018年5月~)

  自然や生き物にかかわることを通じて、社会に貢献したり何らかの役割を果たしたりできるのではないか?そのためにより自覚的、主体的に活動できる組織形態が望ましいのではないかと協議を重ねた結果2018年5月17日、NPO法人化し3回目の魚部の誕生となりました。

 実はこれは2回目の誕生である任意団体としての出発式のなかで、将来的な選択肢の一つとして提示していたものです。思い付きや差し迫ってというより、広がりや深まりを踏まえた順当な変化だと認識してます。

 2019年には、生き物文化発信の場として、ブックカフェ「バイオフィリア」をオープンさせました。生き物好きや専門家の利用はもちろんですが、ご近所さんが気軽にお茶ができる場所となっています。各種イベントも実施中です。